<重要>レッスンに参加時の注意事項 2020/9/8更新

つくばオールスターチアでは、生徒・保護者・コーチの安全を最優先とした上で、レッスンを継続して行くことを目指します。そこで、当面の間は「新型コロナウィルス特別対策期間」とし、下記の取り組みを、6月のチアジム再開後も推進していきます。

なお、今後の状況により、新たに情報を加えたり、削除する場合もございますので、ご理解とご協力宜しくお願い致します。

■教室の方針

「熱や倦怠感などの健康状態に異常がなくてもウィルスを持っているケースがある」という知見から、生徒・コーチから後日コロナウィルスが検出された場合でも、教室は個人に責務を負わせることは致しませんまた、感染者が出た場合でも、個人名の公表は致しませんので、予めご了承ください。

■レッスンに参加される方へ

つくばオールスターチアの活動内で、新型コロナウィルス等に感染する可能性があることを認識した上で参加し、例え、感染した場合でも、個人や教室に対し責任は問わないことに同意の上、ご参加ください。

<新型コロナウィルス特別対策>

チアジムにおいて、一番の感染防止対策は、「体調に異変がある時は、レッスンに参加しない」ということを、参加者の皆さんが平常時以上に意識を持って取り組むことです。そこで、当面の期間ではありますが、

本人に発熱などの体調不良がある場合は、発熱当日を含めて1週間 5日間、レッスン自粛をお願い致します(Zoom参加は可能です)。(9/8更新)

同居しているご家族発熱などの体調不良がある場合は、発熱当日を含めて、3日間レッスン自粛をお願い致します。※段階的に緩和していく予定です(7/14更新→9月も継続中)。

上記を念頭に、レッスンに参加くださいますよう、ご協力の程、宜しくお願い致します。

■チアジムに入る前に検温(駐車場内)

・各自で体温計を持参し、入口で検温。コーチが確認、記録。
・検温の間、保護者は一緒に待機。微熱があると判断した場合は、帰宅していただく。

微熱の判断基準:
1)37.5度以上は理由に関わらず、帰宅。
2)37度以上の場合は、平熱との差が0.7度以上であるかどうかを確認。

例)平熱が36.3以下の方は、37.0度でも微熱と判断。

平熱 36.8 36.7 36.6 36.5 36.4 36.3
37.5参加不可 37.4参加不可 37.3参加不可 37.2参加不可 37.1参加不可 37.0参加不可

 

■入口で手をアルコール除菌。

可能な限り、レッスン前後の手洗い、うがいをしてください。
※練習後は、全員、手をアルコール除菌します。
※アルコールにアレルギーがある方は、手洗いしてください。

■チアシューズは、次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)を含んだ雑巾の上で拭く。

■コーチの検温、手洗いの徹底。お互いに、検温結果を確認し合う。

■レッスン前後は、マスクの着用をお願いします。
レッスン中のマスクは、基本的に外していただきます(7/14更新)。
理由:熱中症予防のため。

9月以降も同じ方針とします。

練習中は、複数回、水分補給を行います。
その都度、マスクを外しますが、その際のマスクの処置、顔回りに唾液の付着がマスクをすることで、衛生でない場合も考えられます。また、マスク着用による運動での酸欠状態、熱中症はとても危険です。現段階では、マスク着用よりも、「ソーシャルディスタンスをとる」ことを優先しています。

■保護者方の見学は、ご遠慮いただいております。

■送迎時の保護者方の近距離での会話はご遠慮ください。(削除)

レッスン中・前後における配慮事項

■レッスン中、および前後は、十分に換気する。
入口を開ける、排煙窓を開ける。雨天時は、換気扇、扇風機を回す。

■レッスン中は、出来るだけ生徒と生徒の間の距離が狭まらないように工夫する。

■レッスン中だけではなく、レッスン前後のフリーの時間帯に生徒同士の身体的距離が確保されるよう、配慮する。

近距離でのおしゃべりをしないように注意を促しますが、何度注意をしてもお守りいただけない場合、レッスン参加をお断りさせていただく場合もございますので、ご了承ください。

■コーチは、生徒から2メートル以上(マットの幅程度)距離をあけるように工夫する。コーチは、基本的にマスクを着用させていただきます。

■マットに直接触れる回数が出来るだけ少なくなるようにレッスンメニューを工夫する(削除)。

■顔などに触る行為をしないように注意を促す。

■タンブリングについて

タンブリングは実施しております。タンブリングクラスの補助については、保護者の方の同意の上で実施。

■スタンツについて9/7更新)。
7/24からスタンツの練習を一部再開しております。
スタンツを行う際の注意事項詳細は、こちらからご覧ください。

■チアジムにおいて手がふれる場所は、0.05%次亜塩素酸を含んだ雑巾、または、アルコールで毎回のレッスン後、除菌。荷物置き場、体操器具類、洗面台、トイレなど。

基本的に、各クラスのレッスンとレッスンの間を30分間空けて活動しております。

また、人口密度が高くならないよう、現在は、チアマットに対し、2m×2mの距離を保てる人数の、さらに50~55%に人数調整し、レッスンを行っております。