今後のコロナ対策(2020年11月16日更新)

今後のコロナ感染拡大の際の指針を下記に記します。
※ただし、状況により、改定する可能性がございます。

国や県から、再び休業要請が出された場合。

■オンラインレッスンが可能なクラスは「オンラインレッスン」で継続。
■オンラインレッスンが可能でないクラスは「休講」。

※詳細については、後日お知らせします。

休業要請は出ていないが、学校等が休校になった場合

基本的には、チアジムでのレッスンを継続します。ただし、全クラス/チームとも、オンラインでの参加を選択できるようにします。

対面でのレッスンを継続するのは、下記の理由があるからです。

理由1)学校よりも安全な環境
チアジムの滞在時間は、学校での滞在時間に比べて短く、チアジム滞在中の生徒の管理がしやすいからです。つくばオールスターチアは、コーチからの指示を守ってくださる子供達の集団であるということ、また、「発熱3日間はレッスン参加自粛」というような学校よりも厳しいルールに対して、保護者の皆様が協力してくださっているからです。
また、チアジム利用者が、不特定多数ではなく、会員のみであるということも理由のひとつです。

理由2)コロナ禍における体力低下抑制効果
コロナ禍での子ども達の運動能力の低下が社会問題となっておりますが、チアに通ってくれている生徒達は、例年通りの成長がみられており、コロナ禍であるからこそ、身体を動かす良い場所である。

理由3)親子にとってリフレッシュの時間
自粛生活では、必然的に家族で過ごす時間が長くなりますが、1~2時間程度、親子で離れて過ごす時間は、お互いにとって精神的なリフレッシュとなる。子ども達にとって、家族以外の人間との関わりは大事なものであり、適度な緊張感は生活にとって必要なものである。

皆様の安全と安心を考慮しつつ、コロナ禍であっても、出来る限りレッスンを継続していきたいと考えております。

つくばオールスターチア
代表 奥寺 由紀