コロナ禍における練習参加の判断事例 ※2020/11/20更新

※大前提として、本人または、同居しているご家族の方が発熱があった場合は、3日間はお休みいただいております。それ以外の事例について、下記に記します。

事例1)本人は元気であるが、通学中の学校でコロナ陽性者が出て、学校全体が休校。

休校期間は、ZOOMでの参加(または、欠席)でお願いします。
休校が明け、休校期間中も本人に体調の変化がないようであれば、練習参加可能です。

 

事例2)本人は元気であるが、兄弟姉妹が通っている学校でコロナ陽性者が出て、兄弟姉妹の学校が休校。本人は、自身の学校に通学している。

この場合も、兄弟姉妹の方が休校期間中は、ZOOMでの参加(または、欠席)でお願いします。休校が明け、休校中も本人・ご家族に体調の変化がないようであれば、練習参加可能です。

 

事例3)本人は元気であるが、保護者の勤務先でコロナ陽性者が出て、保護者の方が勤務停止。

この場合も、保護者の方の勤務停止期間は、ZOOMでの参加(または、欠席)でお願いします。休校が明け、休講中も本人・ご家族に体調の変化がないようであれば、練習参加可能です。

事例4)本人またはご家族が、濃厚接触者あるいは、濃厚接触者疑いとなった場合。

教室にご連絡ください。本人が元気であれば、ZOOMでの参加は可能です。

※2020/11/20現在の判断基準です。今後の社会情勢にあわせて、改定する場合がございます。