アメリカチア留学記#41〜#50|Cheerspirit Yuki Okudera's Homepage
§OSU Cheer Report <#41〜#50>§
<#41 ダンスで指導されること>
ダンスの練習では、シャープさと滑らかさ(Sharp & Fluency)が求められます。日本のチアのダンスはシャープなのですが、滑らかさに欠けていると思います前々から気になっていたのですが。ダンスはモーションではないので、1と2だけ動けば良というのではなくて、1と2にポーズのアクセントは置くけれども、その間も動き続けているのがダンスだと思うのです。それから、とにかく大きく踊るように言われますし、コーチのAmberの動きは、本当に大きく見えます。日本のダンスはそろっているけど、一人一人の動きが小さいのが、いつも気になっていました。今度、日本のチームを指導するときは、もっとダンスに力を入れて教えたいな、と思っています。こちらは、ヒップホップ系のダンス、ソシアルダンス、ジャズなど、いろいろな種類のダンスをします。楽しいですよ。

<#42 上にあわせた練習>
練習を始めて、約1ヶ月がたちました。すごく感じるのが、とにかく技術が上の人に合わせた練習だということ。ピラミッドでも、ルーティーンでも出来る人から使っていきます。ですから、出来る人のほうが練習する回数も多いし、どんどん上達していきます。技術が下の人もそれなりに上達はしていますが、やらせてもらえる数が圧倒的に少ないので、不利です。だから、その差はどんどん開いていっています。私が知っている日本のチームの数々は、どの子も均等に伸びるように、もう少し配慮しているような気がします。とにかく、出来る人にやらせる。強いチームを作るには効率はいいですが、少し疑問も感じる時もあります。これが、実力主義のアメリカの教育方法なのでしょうか。アメリカには、優秀な学者やビジネスマンが多い一方、ドラッグやアルコールにはまり、社会問題を引き起こしている人も多いですよね。「上と下の差が開く」、そんな文化の違いを感じる一面です。

<#43 アメリカのおいしい食べ物>
アメリカで私のお気に入りの食べ物は、パンです。アメリカの小麦粉はおいしいと思います。特に、ベーグルがおいしいです。わざわざベイカリーで買わなくても、スーパーで1袋5個くらい入って、2〜3ドルくらいで売っているもので、十分おいしいのです。ブルーベリー、シナモンを始め、種類がすごく多いので、毎回違うものを買って楽しんでいます。それから、トーストもWhole wheat、corn bread, potato breadなどいろいろ種類があって、それぞれ味があり、おしいです。アメリカではWhole wheatは特に人気です。パン好き仲間の岩本裕子さん、小場麻衣子ちゃんもきっと好きだろうな。それともうひとつ、Bakedタイプのポテトチップがおいしい!揚げていないので、カロリーが少ないし、パリっとしていて歯ごたえもいいのです。これに食べ慣れると、普通のポテトチップがなんだか妙に油っぽく感じて、食べられなくなってしまいました。I love baked chips!

<#44 秋学期>
秋学期が始まりました。夏学期の間実家に帰っていた人達も続々戻ってきて、学内はかなりにぎやかな雰囲気です。チアの練習は、夏休みの間は、平日9時から5時まで練習していたのですが、授業が始まると、平日の夕方6時から8時までの練習に切り替わりました。2時間の練習はあっという間です。秋は、アメフトとバレーボールのシーズンなので、金曜の夜や土曜日など、週に1回は必ず応援が入ります。日本でもスポーツの秋は、チアリーダーにとって最も多忙な季節でしたが、こちらも全く同じです。

<#45 日曜日のライブラリー>
日曜日の夜、宿題のエッセイを完成させるために、図書館に行きました。まだ、授業が始まって1週間目なのに、まるで期末試験の前かのように込み合っています。日本の大学では考えられない光景です。みんな、カチャカチャとキーボードをたたいて、レポートを作成したり、分厚いテキストを読んだりしています。こういう雰囲気の中では、日本からきている若い留学生達も、自然に勉強しています。環境って大切ですよね。

Oregon State University の図書館です。
Library of the yearに選ばれたこともある
素敵な図書館です。

<#46 アメフトシーズン開始>
アメフトの試合は、大抵、土曜日にホームかアウェイで行われます。ホームで試合がある日は、朝から街中お祭りムードです。チームカラーのオレンジのTシャツを着た、おじさんやおばさん、BEAVERS(スクールマスコット)の旗をなびかせて走っている車などを見かけます。それから、試合前には駐車場や芝生の広場でバーキューをしている家族連れや仲間達を沢山みかけます。アメリカでは、スポーツの観戦をしに行くときは、そのチームカラーのものを身にまとっていきます。だから、スタジアムはオレンジ色に染まっていて、とてもきれいです。

<#47 大学と地域の密着>
アメリカの大学は地域にとてもうまく貢献し、様々なサービスの提供を行っています。アメフトの試合は、その中でもダントツでしょう。大学のあるCorvallisという街は、とても小さな街なのですが、こんなに人がいたのだ、と思うほど、人が集まってきます。特に、子供を連れた家族が多いです。お年寄りの夫婦も、楽しそうに観戦しています。この街の多くの飲食店(ピザ屋さんやサンドイッチ、コーヒーショップなど)や企業(銀行など)は大学のスポンサーで、街中が一体となりBEAVERSを応援しています。大学が地域密着していることを肌で感じます。チアリーダーとブラスバンドは、そのアメフトを盛り上げる最高の存在です。それに比べ、日本の大学やチアは、まだまだ閉鎖的だなと感じます。今度日本でチアの活動や指導をするときは、地域への貢献にもさらに力を入れたいなと考えています。

<#48 応援>
応援の前の練習は、コーチはとてもピリピリしています。日本でも応援するときに、いろいろな決まり事や合図などがあり、新入生はそれに慣れるのが大変だと思いますが、何しろ早口の英語で、みんなが話しているので、さっぱり分からん!というときがありました。分からないけど、聞く隙間もなく、始めの2回くらいはついていくのに必死でした。しかし、これも3回目、4回目ともなると、慣れてくるものです。応援の仕方も分かり、流れがつかめてきたので、もう大丈夫です。しかし、始めは辛かったなぁ(笑)。

<#49 ネイティブ英語(someとany)>
中学、高校で習った英語で、少し違っていた部分があります。ひとつは、someとany。「someは肯定文で用いて、否定文、疑問文ではanyに置き換えなさい」と教えられた覚えがあります。しかし、疑問文でsomeやsomethingを使うこともあるし、肯定文でanyをanythingを使うこともあります。someは「限定された何か」というニュアンスがあり、anyは「すべての可能性の中の何か」というニュアンスがあります。私が英語を習ったのは、ひと昔前のことなので、今は以前のようには指導されていないかもしれませんが、「someは肯定文で用いて、否定文、疑問文ではanyに置き換える」というニュアンスは、少し違います。勿論、someは肯定文で使うことが多く、anyは、疑問文で使うことが多いですが。

<#50 ネイティブ英語(mayとmight、could、should)>
もうひとつ、違って習っていた部分があります。それは、mayとmight。「mightはmayの過去形」と教えられた覚えがあります。しかし、mightは現在や未来のことを言うときにも使うのです。実際、アメリカ英語では、mayよりmightが好まれて使われるようです。例えば、“I will study with my teacher this weekend(今週末は、先生と勉強するの)” “It might be fun(そりゃ、楽しいかもね)”のような感じで使います。また、“It could be fun”も同じようなニュアンスです。過去の話をしているわけではないですが、mightや couldを使います。ちなみに、“It should be fun”と言うと、「うわー、楽しそうね!」という風にもっと明るい表現になります。例えば、“I will go shopping this weekend!” “It should be fun!!”こんな感じです。

次のページへ進む
アメリカチア留学記TOPへ戻る
Copyright(c) CheerSpirit All rights reserved.