アメリカチア留学記#61〜#70|Cheerspirit Yuki Okudera's Homepage
§OSU Cheer Report <#61〜#70>§
<#61 シアトル旅行記(1)〜サンクスギビングデー〜>
サンクスギビングデーは、日本で言う「お盆」のような風習で、みんなHometown(実家)に帰り、ターキーやパンプキンパイなどのご馳走をいただき、のんびりする週末です。ガンディーこと岩野華奈ちゃんと私は、シアトルに住んでいるHye-Jin(JCAのサマーキャンプに2年連続で来てくれた人)のところに遊びに行きました。シアトルに着いた日は、Hye-Jinがシアトルソニックス(NBA)の応援をすることになっていたので、私達は、バスケとチアを観戦することができました。しかも、スィートシートで!Hye-Jinはソニックスのチアのメンバーではないのですが、たまたま1人の女の子が風邪をひいて、出られなくなってしまったため、代理で出たそうです。普段は、チアをやっていないそうですが、still good enoughでした。

<#62 シアトル旅行記(2)〜市内観光〜>
シアトル2日目の昼間は、Hye-Jinとガンディーとシアトル市内を観光しました。シアトルは、港町です。神戸のように、坂が多いので、高台から海が見えて素敵な景色です。また、シアトルは、スターバックスやタリーズコーヒーの発祥の地でもあります。スターバックスの第1号店に行ってきました。ロゴが少し違い、真ん中に人魚の絵がかいてあるロゴです。観光地として有名なPike Place Marketは、東京のアメ横のような感じです。魚や果物、ドライフラワー、手芸品などが所狭しと並べてありました。また、シアトルはイチローの街でもあります。ビルに大きなイチローの絵が書かれていました。先日のニュースで、日米スターバックスのイメージキャラクターとして、イチローが決まったと、書いてありました。イチローの頑張りは、私達日本人の誇りですね!

<#63 シアトル旅行記(3)〜UW(ユーダブ)〜>
2日目の夜は、UW(ユーダブと読む)こと、University of Washingtonのバスケットの試合&チアを見に行きました。UWは、Hye-Jinの母校であり、Mikeさん(数年前にJCAのサマーキャンプに来てくれた方)がコーチをしているチームです。UWのチアは、OSUと同じように2チームあるのですが、レベルで分けるのではなく、全く同じレベルのチームを2つ作っているそうです。UWのチアリーダー達も、みんなとっても気さくで、和気藹々としたチームでした。UWは、歴史の古い大学で、キャンパスが素敵です。アメフトのグランドも巨大ですし、バスケットボールの体育館は、新築でした。スポンサーもたくさんついているようです。ちなみに、UWはビルゲイツ(マイクロソフト社長)の出身校です。

<#64 シアトル旅行記(4)〜Hye-Jinフルマラソンに挑戦〜>
3日目は、Hye-Jinはシアトルマラソンに出場しました。昨年は、ハーフマラソンに出場したので、今年は、フルマラソンに挑戦するとのことです。ガンディーと私は、Hye-Jinの彼氏と友達のケリー(彼女はHye-Jinの同期でUWのアシスタントコーチをしています、ソニックスの応援チアもやっています)と一緒に応援をしました。私は、Hye-Jinが走っている間に、オレゴンに向かわなくてはならなかったので、最後までは応援できなかったのですが、4時間で完走したそうです。ちなみに、次の日は仕事だと言っていました。Hye-Jinもかなりタフですねー!ガンディーはシアトルにもう1泊し、次は、ShawnさんとNicoleがいるバンクーバー(カナダ)に向かいました。ガンディー、オレゴンに来てくれてありがとね!

<#65 秋学期終了>
9月30日から始まった秋学期が、12月7日にて無事終了しました。語学学校はレベル1から6まであり、夏はレベル4を受け、秋はレベル5を受けました。レベル4と5の差は大きかったです。レベル5にいる人たちは、ほとんど英語がスラスラと出てくる人達ばかりで、客観的に見ると、英語に不自由はないように見える人達でした。話を聞いてみると、オレゴンに来る前に、1年間別の州で勉強していた、両親が英語をしゃべれる、などといった人たちでした(なるほど)。レベル4から進級した私にとっては、はじめはショックが大きかったですが、まじめに授業を受けていたので、良い成績でクリアすることができました。最後のプレゼンテーションでは、50点満点中の49点で、クラス一番でした。やったー!秋学期は、応援、練習もあり忙しかったので、本当にあっという間でした。
※はじめは、語学学校だとチアをやれないという話でしたが、コーチのAmberが許可してくれたので、チアを続ける事ができています(感謝ですね!)ちなみに、TOEFLのスコアは思うようには、上がりません。TOEFLってかなり曲者です(苦笑)。帰国までに目指せ550点です!

<#66 UCAトライアウト(1)>
先週に続き、またまた今週末もシアトルに行きました。今度は、UCAサマーキャンプのスタッフのトライアウトを受けるためです。Universal Cheerleaders Association(UCA)では、毎年、11月から1月にかけて、各地域でトライアウトを行い、それに合格した人が来年6月から8月にかけて行われるサマーキャンプでスタッフとして働く事ができます。ワシントン州とオレゴン州のテリトリーマネージャーをしているのは、Shaminという方で、彼女はHye-JinのUWチアの同期です。私も、彼女に夏のサマーキャンプで会っていたので、顔なじみでした。また、トライアウトは、先週訪れたばかりのUWの体育館でしたし、Mikeさんもいたので、緊張はしませんでした。トライアウトと言っても、ラフな雰囲気で、Shaminさんは、「緊張せずに、うまくなる機会だと思って、楽しんでね」と言ってくれていました。

<#67 UCAトライアウト(2)>
トライアウトの内容は、その場で教えられた、チア1つ、ダンス1つ、ジャンプ、タンブリング、スタンツ少々でした。UCAのスタッフは、はじめの4年間はトライアウトが必須とのことです(5年目以降は免除されるらしい)。トライアウトには、OSUのチアは、私を含めて6人受けました。トライアウトが終わった後は、しばらくUWのチアやUO(University of Oregon)のチアリーダー達と一緒にco-edスタンツを楽しみました。その後、彼らとMikeさんと一緒にご飯を食べて、私達はオレゴンに戻りました(ちなみに車で5時間)。日本でJCA(日本チアリーディング協会)のスタッフとして働いていたときも、いろいろなチームの人と知り合い、一緒にチアを教えることがとても楽しかったのですが、アメリカでも全く同じです。オレゴン州、ワシントン州のチアの知り合いが増えてきました。楽しい〜。これだから、チアはやめられませんね。

<#68 UCA National Championshipの出場権>
毎年1月の始めにフロリダ州オーランドのディズニーワールドで行われるUCA National Cheerleading Championshipは日本でもおなじみの大会です。かつて(2001年まで)は、Japan Cupでの各部門優勝チームがこの大会のエキシビションとして参加する権利が与えられていました。アメリカのチームがこの大会の出場権を得るためには、まずビデオ審査があります。各チームでプロモーションビデオのようなものを作成し、それをUCAに送ります。その審査が予選となり、これに通過したチームがナショナル大会に出場することができます。また、各地区の上位1チームは、遠征費が支給されます。オレゴンやワシントン、カリフォルニア、ハワイなどが含まれるWest Religionでは、今年は、ハワイ大学がこの遠征費を獲得しました。

<#69 OSUがUCAの大会に出ない理由>
今年OSUは、ビデオ審査を通過し、ナショナル大会への出場権を手に入れました。これは、AmberがOSUのコーチになり、大会出場を目的としたチームに作り変えて以来、初めてのことです。しかし、Amber とTodd(Amberの旦那さんでアシスタントコーチ)は、今年は、UCAには出場しないことに決めました。それは、フロリダまでの旅費がチームの費用からは出せないこと、お金をかけて行ったとしても、まだ入賞できるようなチームには成長していないからとの理由です。よって、もう少しチームが強くなるまで、待とうという判断です。自分達でお金を出してでも、アメリカの大会やヨーロッパの大会に出場する日本人とは、異なる価値観です。日本人の私は、大会に出れば、「今年のメンバーにとって、いい経験と思い出になる」と考えますが、ここアメリカでは、個人がクラブ活動に対して、お金を出すということは、まったくないのです。よって、今年も昨年と同様、USAの大会に出場することに決まりました。USAのナショナル大会はラスベガスで行われるため、遠征費が安くつくからです。

<#70 UWがUCAの大会に出ない理由>
UWことUniversity of Washingtonも今年は、UCAの大会には出ません。その理由は、大会と同じ日にバスケットの試合があり、その応援に欠席することが出来ないからだそうです。これは、UWのアスレチックデパートメントが決めている事で、コーチの判断領域ではありません。よって、UWは、今年はNCAの大会に出るそうです。なるほど、アメリカにもいろいろ事情があるのですね。自由なようで、規制があるアメリカの一面です。

次のページへ進む
アメリカチア留学記TOPへ戻る
Copyright(c) CheerSpirit All rights reserved.