アメリカチア留学記#81〜#90|Cheerspirit Yuki Okudera's Homepage
§OSU Cheer Report <#81〜#90>§
<#81 アメフトテレビ観戦>
Pca10のカレッジフットボールシーズンは終わったのですが、年始は、オレンジボール、ローズボールなどの大きなゲームがあります。テレビでこれらの試合を見ているのですが、本当に面白い!日本ではめったに見られない好プレーの連発なのです。Amazingです。

<#82 バスケット応援>
今は、カレッジスポーツはバスケットのシーズンです。バスケットも迫力満点です。女子バスケットも凄い!あの身体能力は素晴らしい。観戦に来ているのは、学生よりも中高年の方が多いかもしれません。チアリーダーはタイムアウトのときに、コートに出て、演技をするのですが、おじいさん、おばあさんが楽しそうに演技を見てくれるのは、本当にうれしいです。手拍子をしてくれたり、一緒にパンチをしてくれたり。ファイトソングには、B・E・A・V・E・R・Sといいながらパンチをする部分があるのですが、みんなファイトソングを知っているので、一緒になってやってくれます。ブラスバンドの演奏もゲームの雰囲気を盛り上げます。「どうして、アメリカ人はスポーツ観戦が好きなのか?」私は、「試合会場の雰囲気が楽しいから」だと思います。ブラスバンドの演奏、マスコット、ポップコーンの匂い、会場の一体感、子供達によるハーフタイムショー。チアリーダーは、これらと同様に、ゲームを盛り上げる1つの要素です。

<#83 高校生大会でのスポッター、エキシビション演技>
オレゴン州では高校の体育館を使って、高校生のチアリーディング大会が沢山行われています。これらの大会の主催者は、大学コーチにスポッターやエキシビション演技の要請をしてきます。今日は、男の子2人と私でこれらの大会に行ってきました。男の子2人はスポッターをし、また、演技と演技の合間に、私とCo-edのパートナースタンツを見せます。高校のチアリーダーは、男の子が少ない(&まだ力強くない)ので、私達の演技を、楽しんで見てくれました。さらにこの機会を利用して、Oregon State のパートナースタンツクリニックやトライアウトについてのアナウンスをしました。私もマイクを借りて、日本のチアリーディングの様子を紹介してきました。「日本の学生もみんなと同じようにチアリーディングが大好きなんですよ」って。大きな拍手をもらいました。

<#84 冬学期スタート>
1月からWinter termがスタートしました。このタームは、私にとって最終タームです。このタームが終わったら、日本に帰国します。今回は、語学学校の最終レベルにあたるレベル6です。このタームは、語学学校の学生として、大学(Oregon State University)の授業をObserve(観察)することができます。私は、自分の専攻分野であるExercise & Sports Science学科の「Motor Learning and Control」という授業を受ける事にしました。最近、この内容に興味があり、もっと勉強したいなと考えていたので、good opportunity(とてもいい機会)です。また、このクラスに友達もいたので、分からないところは助けてもらおうと思います。大きな大学付属の語学学校は、コミュニティーカレッジや地域の語学クラスに比べて授業料が高いのですが、非常によくOrganize されていますし、よりAcademicな内容です。講師の先生も外国語教育が専門の専門家です。

<#85 大会練習の様子>
OSUのチアリーダーは、個々の能力は高いです。しかし、大会のルーティーンとなるとなかなかうまくいきません。個々のパートナースタンツは出来ても、全体としてタイミングが合わなかったり、疲れて(特に男の子が)思うように、力が使えなかったり。ルーティーン後は、女の子は結構平気な様子なのですが、ベースである男の子達は、通しの練習の後は、はっきり言って死んでいます。Co-edスタンツ(男女で組むスタンツ)の場合、特にベースとなる男の子の体力がきついようです。なかなか完成度が上がらない時期が1ヶ月くらい続きました。これは、日本のチアをやっていてもよくあることです。でも、そのとき大切なのは、Keep Going(続けること)です。1日、1日の練習で明らかな上達が見えなくても、その時期が過ぎるときがやがてきます。そのとき大切なのは、「前向きでいること」「怪我人を出さないこと」です。

<#86 すき焼きにチャレンジ>
チアリーダーの友達から、「Sukiyakiを食べた事があって、とってもおいしかったから、由紀、作って!」と催促を受け、すき焼き作りにチャレンジしてみました。割り下を作る材料は、簡単にそろえることができましたが、問題は具です。まず、アメリカの普通のスーパーには、「細切れ」のお肉が売っていないので、「thin cut(薄切り)」の牛肉を使いました。それから、春菊は見当たらないので、えい!白菜で代用!!(母が聞いたら、「え〜」と言いそう)。お砂糖と醤油を多めに使い、アメリカ人の口に合うように、濃い目の味をつけました。具はちょっと日本のすき焼きとは違うけれど、味は、スキヤキ!なかなかのGood Jobでした。アメリカ人の友達は、日本の伝統の味、すき焼きに大満足してくれました。最後にしょっぱいお汁をゴクゴクと飲んでいる姿にはびっくりしましたが。「だって、汁がおいしいんだもの」と言っていました。そんなにしょっぱいもの飲んだら、体に悪いって(笑)。

<#87 親子丼、肉じゃがも人気メニュー>
今日は、親子丼を作りました。ルームメイト達にも、人気のメニューです。私は親子丼をアメリカ人に説明するときに、「mother and baby ball」と説明しています。それから、肉じゃがも人気です。日本の伝統的な味、お醤油、みりん(スーパーに売っています)、砂糖、だし、日本酒の味付けは、アメリカ人にも好まれるようです。私自身は薄口の味つけが好きなのですが、アメリカ人は、濃い目、甘い目が好きなので、ここでは少し濃い味つけをしています。

<#88 休日のお菓子作り>
なぜか、お料理の話題が続いています。オレゴンに来てから、いろいろなアメリカのお菓子作りにチャレンジしています。アメリカには、ブラウニー、ケーキ、クッキー、マフィン、ゼリーなどが簡単に作れる材料がたくさん、売っています。種類も豊富なので、いろいろ作って試してします。私の母は、お料理がとても得意な人で、材料も一流のものをそろえて、それはそれは丁寧に作り上げます。小麦粉はケーキ用のものを取り寄せ、小麦粉を何回も振るいにかけ、勿論、卵の黄身と白身は別々にあわ立てる、という風に。それと比べて、アメリカのお菓子作りはなんとも、単純。ミックスされている粉にサラダオイル(バターじゃないのです)と卵と水を混ぜて、かき混ぜるだけ。5分もあれば、出来てしまいまい、あとは、焼くだけです。あまりにも簡単に出来てしまって、面白いので、毎週Weekendには作って、ルームメイトと食べています。

roonmateの猫、kittyです。

<#89 アメリカのチアリーダーのミーティングの仕方>
アメリカのチアリーダーのミーティングの仕方は、とにかくSmart(英語では、「賢い」「きびきびした」という意味)です。小学生、中学生、高校生、大学生用のそれぞれのクリニックを開催してきたのですが、その計画は、チアリーダーが担当します。コーチは、それをうまくサポートしてくれます。練習前の30分くらいの時間を話し合いの時間として与えられ、「その間に話し合って、チラシも作っちゃいなさい」と指示され、その短時間の間に、話し合いを終わらせてしまいます。学業とチアを両立させなくてはならない彼らにとって(日本のチアリーダーも同じですが)、だらだらと時間をかけて話し合いをするということは、この1年(ワンシーズン)を通して一度もありませんでした。このミーティングの仕方は、是非見習いたいところです。

<#90 9ヶ月での英語の上達>
バンクーバーでの最後の夜は、ショーンと一晩中チアの話をしていました。英語で一晩中話しができるようになったことに、感英語の能力は、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングというカテゴリーで考えられますが、アメリカに来て9ヶ月、一番伸びたスキルは、スピーキングだと思います。私のお気に入りの授業は、Maria先生のスピーキングクラス(最終レベル)。この授業では、プレゼンテーションはもちろんのこと、討論の仕方や討論のリードの仕方なども学びました。この授業はとてもQualityが高くて、英語の勉強だけでなくコミュニケーションの勉強になりました。この授業は、かなり気合を入れてがんばったので、最終評価では「A」、コメントで「outstanding(跳び抜けて良い)」という評価をいただき、自信につながりました。

Maria 先生。
Maria はこの春にPhD(博士号)を取得し、
Dr.となりました。

次のページへ進む
アメリカチア留学記TOPへ戻る
Copyright(c) CheerSpirit All rights reserved.