<新型コロナウィルス特別対策> 2020/3/23更新

つくばオールスターチアでは、生徒・保護者・コーチの安全を最優先とした上で、レッスンを継続して行くことを目指します。そこで、暫くの間「新型コロナウィルス特別対策期間」とし、下記の取り組みを推進します。

なお、今後の状況により、止むを得ずレッスンを休講させていただく場合がございます。また、新たに情報を加えたり、削除する場合もございますので更新内容を随時確認くださいますよう、ご協力宜しくお願い致します。

■教室の方針

「熱や倦怠感などの健康状態に異常がなくてもウィルスを持っているケースがある」という知見から、生徒・コーチから後日コロナウィルスが検出された場合でも、教室は個人に責務を負わせることは致しませんまた、感染者が出た場合でも、個人名の公表は致しませんので、予めご了承ください。

■レッスンに参加される方へ

どんなに衛生面に気を付けても、感染のリスクはゼロにはなりません。そこで、3/18以降のレッスンに参加される方は、下記のことに同意の上、ご参加ください。

つくばオールスターチアの活動内で、新型コロナウィルス等に感染する可能性があることを認識した上で参加し、例え、感染した場合でも、個人や教室に対し責任は問わないことに同意の上、ご参加ください。

「参加している=同意している」とみなします。

<新型コロナウィルス特別対策>

■チアジムに入る前に検温(駐車場内)

・各自で体温計を持参いただく。コーチが確認、記録。
・検温の間、保護者は一緒に待機。微熱があると判断した場合は、帰宅していただく。

微熱の判断基準:
1)37.5度以上は理由に関わらず、帰宅。
2)37度以上の人は、平熱との差が5度以上あるかどうかを確認。

平熱が36.5以下の人は、37.0度でも微熱と判断し、帰宅していただく。

平熱 37.0 36.9 36.8 36.7 36.6 36.5
参加可能 37.4 37.3 37.2 37.1 37.0 36.9

 

■入口で手をアルコール除菌(アルコールが欠乏した場合は、これに限らず)。

可能な限り、レッスン前後の手洗い、うがいをさせる(3/23更新)

■チアシューズは、0.05%濃度の次亜塩素酸ナトリウムを含んだ雑巾の上で拭く。

■コーチの検温、手洗いの徹底。お互いに、検温結果を確認し合う。

マスクを着用させていただく場合がございますが、ご了承ください。また、マスク不足により、着用出来ない場合もございますので、併せてご了承ください。

■生徒のマスクの着用は、自由とします。

マスクは、購入が出来ない場合も多いので、着用を必須条件とはしない。
また、マスクの取り扱いがきちんと出来ない場合は、使用しなくてよい。

■保護者、ご家族の見学は、「新型コロナウィルス特別対策期間」はご遠慮ください。

チアジム内にいる人数を出来るだけ少なく制限するためであり、アメリカの大手チアジムでも同様の対応の様子です。

■レッスンにおける配慮事項

1)レッスン中、および前後は、十分に換気する。
入口を開ける、排煙窓を開ける。雨天時は、換気扇をつける。

2)レッスン中は、出来るだけ生徒と生徒の間の距離が狭まらないように工夫する。

ただし、生徒が並んでいる際などに、生徒同士の距離が近くなることがございます。

近距離でのおしゃべりはしないように注意を促しますが、上記のような状況が起こりうることをご了承ください。

3)コーチは、出来るかぎり生徒から1~2メートル距離をあけるように工夫する。

ただし、タンブリングの補助はこれに限りません。
理由→補助をしないことが危険性に繋がることもあるため。

4)マットに直接触れる回数が出来るだけ少なくなるようにレッスンメニューを工夫する。

タンブリングクラス前は、マットをスチームで高温除菌する。

5)顔などに触る行為をしないように注意を促す。

上記は、「絶対にしてはいけない」というものではなく、「出来るかぎり」とする。

■スタンツについて

・スタンツの練習はしばらくの期間、必要最低限にとどめる。

また、スタンツを行う場合は、生徒は声を出さず、コーチがカウントをかける、または、音楽に合わせて行う、などの工夫をして行う。

■チアジムにおいて手がふれる場所は、0.05%次亜塩素酸を含んだキッチンペーパー等で毎日除菌する。入口、トイレの電気、洗面台、トイレの鍵部分、トイレットペーパーケース、汚物入れ等。

送迎時の注意(必ずお読みください)